東京ダート1300m&1400m<全クラス>〜データ傾向〜【2022年】

1300m
スポンサーリンク

中央競馬の​​短距離のダート戦​​(1000m〜1400m)​​に特化したデータベースを作成して、この条件なら買える馬や、これなら即消し決定というようなデータを駆使して回収率アップに役立てます!​​​​
騎手、枠、馬体重、馬体重増減、オッズ、種牡馬、調教師など、様々な視点でのデータ分析を行っていきます。​​​​
参考にしていただきお役に立てれば幸いです。

​​※こちらのデータは、中央競馬で開催された東京競馬場<全クラス>1300m&1400m​を集計しています。​​

※集計期間:2022年1月〜

※スマホの場合は、長押しすると拡大してご覧になれます。

ダートコースは1周距離が1899メートル、直線の長さが501.6メートルと、正真正銘、日本一のスケールを誇る。バックストレッチとホームストレッチに2つの坂が設けられている起伏構成は芝コースと同じだが、直線の上り坂の高低差は2.4メートルと芝コースを上回る。こちらも非常にタフでハードなコースなのである。

それだけに新潟の外回りコースと同様、直線の末脚比べとなるレースが多い。差し、追い込み馬の活躍が他場以上に目立つこと、まくりはあまり決まらないことも新潟・外回りとの共通項。早くに動いて押し切るのは至難の業ということだろう。

(引用:JRAホームページ

 




騎手別傾向

枠別傾向

馬体重別傾向

馬体重増減別傾向

人気別傾向

オッズ別傾向



4コーナー順位別傾向

性別別傾向

レース間隔別傾向

種牡馬別傾向

調教師別傾向

☆競馬予想☆

東京競馬場の他のデータ

✅1300m&1400m全クラス

【1300m】

3勝クラス

オープン

【1400m】

スポンサーリンク
1300m1400m全クラス東京
スポンサーリンク











アルパカ競馬をフォローする
Twitter でフォロー
短距離ダートデータベース@アルパカ競馬

コメント