中京ダート1400m<1勝クラス>〜データ傾向〜【2022年】

1400m
スポンサーリンク

中央競馬の​​短距離のダート戦​​(1000m〜1400m)​​に特化したデータベースを作成して、この条件なら買える馬や、これなら即消し決定というようなデータを駆使して回収率アップに役立てます!​​​​
騎手、枠、馬体重、馬体重増減、オッズ、種牡馬、調教師など、様々な視点でのデータ分析を行っていきます。​​​​
参考にしていただきお役に立てれば幸いです。

​​※こちらのデータは、中央競馬で開催された中京競馬場<1勝クラス>1400m​を集計しています。​​

※集計期間:2022年1月〜

※スマホの場合は、長押しすると拡大してご覧になれます。

ダートコースの1周距離も1530メートルと、東京、京都に次いで全場3位、直線の長さは410.7メートルと東京に次いで長い。“標準以上にサイズが大きい競馬場”なのである。芝コースの高低差3.5メートル(ダートコースは3.4メートル)も中山、京都に次いで全場3位。起伏の構成に目を向けると、ゴール地点からなだらかな上り勾配が続き、向正面の半ばあたりで最高点に達する。そこからは直線の入口にかけてなだらかに下り(3、4コーナーは芝、ダートともにスパイラルカーブ)、新設された急坂に差し掛かる。直線に向いてすぐの地点に設けられているこの上り坂の勾配は約2%(高低差は約2メートル)。日本一の急坂である中山の最大勾配(2.24%)には及ばないものの、“阪神や東京より急な坂”を駆け上がってなお、ゴールまでは200メートル余りあるのだから、かなりタフな設定といえる。そんなレイアウトを反映して、芝、ダートともに“差し、追い込み馬が水準以上に活躍”していることも見逃せない。

(引用:JRAホームページ

 




騎手別傾向

枠別傾向

馬体重別傾向

馬体重増減別傾向

人気別傾向

オッズ別傾向

4コーナー順位別傾向

性別別傾向

レース間隔別傾向

種牡馬別傾向

調教師別傾向

☆競馬予想☆

中京競馬場の他のデータ

✅1200m&1400m全クラス

【1200m】

【1400m】

スポンサーリンク
1400m1勝クラス中京
スポンサーリンク











アルパカ競馬をフォローする
Twitter でフォロー
短距離ダートデータベース@アルパカ競馬

コメント